1月23日 米輸入国フィリピン

140123.jpg

マニラ港にベトナムから今年最初の米が届きました。ベトナムから50万トン輸入される予定の一部だそうです。
ご存知だったでしょうか、フィリピンは実は世界一の米輸入国なのです。

原因はいろいろあるようですが、ひとつは米が安くて米農家が儲からないから。
では高くしてしまえばいいのでは。というところですが、高くしてしまうと安い輸入米に取って代わられてしまい、なおさら米の自給率を落とすことになってしまいます。
逆に安くすると今度は農家がやる気をなくし、生産量が減り、自然と価格が高騰し、また輸入米に取って代わられてしまいます。
基本的には生産技術や品種改良で、生産効率を上げていくしかありません。

それからフィリピンは長い間スペインやアメリカの植民地でしたので、多くの植民地の例に漏れず、宗主国のための商業作物の生産を強いられてきたため、米でなくバナナ、パイナップル、ココナッツ、タバコなどの畑に転換されしまった農地が多いため、肝心の米が自給できないという、元植民地国家の悲劇を未だにひきずっています。

今年は台風の災害の影響もあり、はやくも米不足や米の価格の高騰が予測されています。
ほんの1〜2年前は1キロ25ペソ前後で、それなりにおいしく食べられる米を買うことができました。しかし今は1キロ40ペソ出してもあまり質の良い米が手に入りません。質を考えると米の値段はここ1〜2年で倍になっています。ここのところのフィリピンの物価上昇は凄まじいものがあります。

ワタシのうちもそうですが、一般庶民は食生活の質を落とすことで、なんとか米を含む物価の上昇をやり過ごしている感じです。
posted by ワンサイド at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月22日 マニラがとっても寒い

最近とっても寒いマニラです。
どのくらい寒いかというと…

・目が覚めると寒さあまりの寒さのため布団(といってもシーツ程度ですが)から出られない。
・窓が開いていると寒いので思わず閉めてしまう。
・エアコンの効いたバーやレストラン、ショッピングモールなどの屋内だけでなく、屋外で風に当たると寒い。
・朝、夕の外出はマジ震えが来るほど寒いので、長袖のジャケットが必要。

1月のフィリピンは年間通して最も涼しい季節なのですが、今年は涼しすぎです。
寒いです。
なんと昨日の最低気温は17度だったそうです。

17度…

これで寒いなんて言っていたら、真冬の日本にいらっしゃる皆さんには怒られちゃいますね。
でもフィリピンで毛穴が開ききって、体温調節機能が高温側に振り切れた我々からすると、17度はとっても寒いのです…

ホントにガチガチ震えてます。
posted by ワンサイド at 05:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月21日 はしかが大流行中

フィリピンで「はしか」が大流行しています。

はしかというと発疹と高熱ですが、多くはすぐに回復するものの、中には肺炎や脱水症状により命に関わる事態になることもあります。

ほとんどの人が子供の頃に予防注射を受けているはずですが、免疫効果が弱まっている場合もあり、大人でもかかることがあるそうです。

昨年は約2000人の感染者が出て、17名の死者が出ています。
政府からアウトブレイク宣言がでています。
マニラ首都圏では以下の地域が該当。
子供を外で遊ばせるときにも注意が必要です。

Caloocan
Dagat-dagatan
Bagong Barrio
Las Pinas
Talon Singko
Talon Dos
Manila
Quiapo
Port Area
Sta. Mesa
Binondo
Sta. Cruz
Muntinlupa
Alabang
Paranaque
posted by ワンサイド at 05:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月20日 フィリピンみなおした!

フィリピン在住の友人がボルネオ島に旅行に行きました。

140120-2.jpg

とてもすばらしい大自然だったそうです。
というか、今日はその話ではなくて…

なんとその彼、フィリピンを出発する前に財布を失くしてしまいました!!
ターミナルのベンチで寝ていて落としたらしいのですが、気づいたらありません。
無一文でボルネオに到着です。

あわてて空港に電話すると、なんと「ありますよ。あとで取りに来てください。」とのこと。

ラッキーなことにキャッシュカードを別に持っていたので、とりあえずボルネオ滞在中は、現金を引き出して特に問題なく旅行を楽しむことが出来ました。

そして帰国。

財布はターミナル4で落としたのですが、
ターミナル1で保管されているのでターミナル1まで行くように言われました。
悪名高いターミナル1です。「え〜。行きたくないなあ。」と思いつつ仕方がないので出向きます。

ターミナル1に着き、職員に助けを求めると、

例の感じで
「何しに来た」

「俺は知らない、あいつに言ってみろ」

「ここじゃない。あっちだ」

「俺じゃない。あいつに聞いてみろ」

という通常営業のフィリピンだったのですが、結局最後にはちゃんと財布は出てきました。

140120.jpg

しかも!

中に入っていた

・1万ペソ
・100ドル
・クレジットカード

全て無事だったそうです。


「フィリピンみなおした」
繰り返し彼は言っていました。

邦貨で3万円強の現金が入っていた財布。

3万円は、フィリピンの所得水準からすると、ちょうど一般的なサラリーマンの月収くらいです。
もし日本で一か月分の給料が入った財布を失くした場合、そのまま帰ってくる可能性はどのくらいあるんでしょう。

他の外国だったらどうなんでしょう。
フィリピンでは絶対に無理だと思っていました。

以前に、なくしたものが返ってきたという「事件」が新聞やテレビで取り上げられてニュースになっていたことがありました。「こんなのがニュースになるのかよ。終わってるなフィリピン」と思っていました。

でも「財布がちゃんと帰ってきた」というのを身近な人から今回聞いて、なんだか僕もフィリピンを見直しました。
posted by ワンサイド at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月19日 マニラ保険金殺人と通信傍受法

2010年にマニラで起こった殺人事件。
被害者は35歳の日本人男性。会社員でした。
容疑者はその男性の上司。
逮捕の決め手は、その上司が送信したメール。
知り合いのフィリピン人女性に送ったメールで、内容は、拳銃の入手を依頼するもの。「殺したいので拳銃を買ってくれ」と殺人をほのめかす記述もあったそうです。

ワタクシは以前オンラインゲームの仕事をしていたときに、不正アクセスの問題などで警察と何度もやりとりをしたことがあり、この方面についてはちょっと詳しいのですが、警察って、我々が普段使っているメールを勝手に傍受して読んでいたりするのです。

もちろん一般の人のメールが全部読まれているわけではなくて、通信傍受法というのがあって、銃器・薬物・密入国・組織的殺人に関わる場合のみ通信の傍受が許されるという規制があります。

今回の場合は「組織的殺人」にあたると思われますが、組織的殺人といっても、単に上司が部下を殺した事件でした。規制はかなり融通の利くもののようです。

要するに、凶悪犯罪と暴力団関係については、電話やFAXや電子メールなど全ての通信が勝手に警察に傍受されているということのようです。

==============================================================
【マニラ保険金殺人】新井正吾容疑者、知人のフィリピン人女性に「殺したいので、拳銃を買ってくれ」

★逮捕の会社社長、事件直前に知人の比人に拳銃購入を依頼。「殺したい」とも 2010年11月、教材販売会社社員の松谷祐一郎さん=当時(35)、京都市出身=が首都圏マニラ市内の 路上で射殺された事件で、殺人容疑で京都府警に逮捕された同社社長の新井正吾容疑者(43)が、事件の 1週間ほど前、拳銃購入を依頼する電子メールを知人の比人女性に送っていたことが、比日捜査当局への 取材で分かった。メールには、金銭トラブルを理由に「殺したいので、拳銃を買ってくれ」と松谷さん 殺害をほのめかす記述もあり、同府警が逮捕に踏み切る重要証拠になったもよう。 依頼を受けた比人女性は、松谷さん殺害の前夜、新井容疑者の指定した日本人男性に拳銃を引き渡した ことも分かっており、今後は(1)日本人男性の特定(2)引き渡された拳銃と凶器になった拳銃の 同一性確認(3)実行犯の特定――などが捜査の焦点になりそうだ。 比日捜査当局関係者によると、メールは10年11月中旬、新井正吾容疑者と内縁関係にある比人女性 に送られた。拳銃の購入依頼や理由に加えて、引き渡し先になる日本人男性の携帯電話番号も付記 されていたという。 同容疑者から購入資金の送金を受けた比人女性は拳銃を用意し、指示に沿って日本人男性に電話連絡を取った。 拳銃の引き渡し場所になったのは、首都圏パサイ市にあるショッピングモール。松谷さん殺害の前日、 10年11月23日夜、同モール周辺で日本人男性と落ち合い、拳銃を渡したという。 日本人男性について、比人女性は比日捜査当局の調べに「面識のある人物ではなかった。暗かったため 姿格好はよく見えなかった」と話したという。
==============================================================
posted by ワンサイド at 06:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。